TG262 1960年代ウクライナ製赤と青の野花と黄色リーフ刺繍長袖メティスリネンブラウス
TG262

25,000円(税込27,000円)

購入数





































生産国: ウクライナ
年代 :1960年
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり146cm・着丈69cm・裾まわり144cm
マテリアル :メティスリネン(リネンとコットンのミックス)



1960年代ウクライナ製赤と青の野花と黄色リーフ刺繍長袖メティスリネンブラウス。
肩幅58.5cm、袖丈44cm、前開き23.5cm、アームホール52cm、パフスリーブの幅(片面)30.5cm、襟ぐりトリミング巾18mm、襟ぐりトリミングまわり59cm、袖口のトリミング9mm、袖口廻り25cm、裄丈78cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

ミディアムウエイトのメティスリネンでお色はクリームがかったアイボリーです。ウクライナのヴィンテージ・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このブラウスはウクライナのPOLTAVA地方の村で作られたものです。肩幅58.5cmの位置にスモッキングでギャザーのよせられたデザインのパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出しています。赤と青、水色のお花とクリームイエローのリーフ模様が両肩、袖上部に上品に手刺繍されております。クリームイエローの刺繍の周りが少しイエローがかっています。首回りには18mmの幾何学柄刺繍トリミングがスクエアーネックでたくさんのギャザーがよせられ、たっぷりとした身頃が動きやすい工夫ですね。

1960年代頃のお品となりますので小さなシミなどがございます。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。お気に入りのスカートや、デニムとのコーディネイトを楽しんでください。 芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながらお部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。 


コーディネイトに使用した1910年代ウクライナ製レッドフォークロアスカートはFG461、 1960年代西ドイツ製ブラックフローラルジャガード木綿のスカートはFG506です。





このアイテムは2万円以上なので送料無料でございます。(沖縄県・離島は除く)