FG578 1910年代ウクライナ製黒とグレー菱形模様刺繍ホームスパンリネン長袖ワンピース
FG578

27,000円(税込29,160円)


生産国: ウクライナ
年代 :1910−20年代頃
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり136cm・着丈112cm・裾まわり150cm
マテリアル :ホームスパンリネン


1910−20年代ウクライナ製黒とグレー菱形模様刺繍ホームスパンリネン長袖ワンピース。
袖丈47cm、肩幅68cm、アームホール61cm、スリーブの幅(片面)24.5cm、カフス幅6mm、袖口まわりは24.5cm、前開き28cm、襟ぐりトリミング9mm、ボタンを留めた時の首まわり47cm、肩から55cm下に切り替え、裄丈81cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ) になります。

生地はミディアムウエイトのざっくり織られたホームスパンリネンで、お色はグレーがかったオフ白です。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このロングシャツ(ワンピース)はウクライナのポルタヴァ地方で作られたものです。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感とやわらかな風合い、そしてアンティークリネンならではのくったりとしたホームスパン(手織)リネンです。

肩に、帯状の幾何学柄が黒とグレー、白の三色の刺繍糸で手刺繍され、肩幅68cmの位置にスモッキングのようなギャザーがあり、そこからゆったりとしたパフスリーブに菱形の組み合わされたモダンなモチーフが袖一面に配され刺繍されたデザインが圧巻です。モチーフの刺繍のお色も黒だったりグレーだったりと袖で左右対称ではなく、遊び心を感じます。左袖の後ろに1つ小さな愛らしいワンポイントが赤と黒で刺繍されています。黒刺繍には困難を遠ざける、また強運になるという意味があるそうです。モノトーンの刺繍は非常にレアで、今では手に入れることが難しいもののひとつです。首の開きに1つマザーオブパールボタンが1つ付いております。ふんわりとしたパフスリーブは大人のかわいらしさが溢れています。ワンピースの裾には白と黒の二色で変形ジグザグ模様が刺繍され、ドロンワークの透かし刺繍がヘムを美しく彩っております。

1910−20年代頃のアンティークホームスパン(手紡ぎ)リネンですので、素朴な手織りならではの繊維の太いところや細いところ、ネップ、色にむらが見られます。この不均等な織りのナチュラルなファブリックがホームスパンの味ですね。小さなシミや素材の薄れ部分がございます。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてご理解頂けたら・・・と思います。スカートやデニムとのコーディネイトや、太ベルトなどでウエストをブラウジングして着られても素敵ですね。寒い冬にはタートルニットやカットソーを中に着られても素敵です。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。  


このアイテムは2万円以上なので送料無料でございます。(沖縄県・離島は除く)