TG291 1950年代ウクライナ製黒い薔薇刺繍メティスリネンブラウス
TG291

25,000円(税込27,000円)

購入数

生産国: ウクライナ
年代 :1950-1960年代
コンディション: ★★★☆
SIZE :胸まわり134cm・着丈58cm ・裾まわり156cm
マテリアル :メティスリネン(リネンとコットンのミックス)


1950-1960年代 ウクライナ製黒い薔薇とすずらん刺繍メティスリネンブラウス。
ボタンを留めた時の首まわり46.5cm、首のトリミング5mm、アームホール54cm、肩幅50cm、袖丈44cm、前の開きは22cm、パフスリーブの幅(片面)39cm、ボタンを留めた時の袖口カフス廻り17cm、袖口カフス2.3cm、裄丈70cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地は織目の詰まった、ミディアムウエイトのメティスリネンでお色はオフシロです。ウクライナのヴィンテージ・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このドレスはウクライナのチェルカースィ地方の村で作られたものです。長袖のたっぷりとしたパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出しています。袖が軽やかなちょっと短めの長袖になっております。短めの長袖パフスリーブは手首を細く見せてくれる効果ありです。薔薇の花、蔦や葉が黒とくすんだレッドのお色で刺繍されています。袖一面にすずらんの花束モチーフが手刺繍されております。首回りには5mmのトリミングでたくさんの細かなタックがまとめられ、ゆったりとした身頃が動きやすい工夫ですね。首元にはマザーオブ パールボタンが1つ付いています。ウクライナの伝統的な刺繍の図案ですべて手刺繍です。

1950−60年代頃のお品となりますので、ヴィンテージメティスリネン独自の素材の薄れがございます。左袖の肘あたりに縫い目が9cmほど確認できます。丁寧に修繕されたダーニング(Darning:ダーニングは、ヨーロッパの伝統的な衣類修繕の手仕事です。)が、左前身頃裾から23cm上(ヨコ1cmxタテ1.3cm)、左前身頃脇(ヨコ1.3cmxタテ1.5cm)、左後ろ身頃脇(ヨコ6mmxタテ6mm),首のトリミングの後ろに一カ所確認できます。薄い小さなしみが右袖下に数箇所確認できます。カフスにボタンや首のボタンがそれぞれ異なるオールドプラスチックボタンになっているのも歴史を感じます。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。スカートやデニム、ワイドパンツなどとのコーディネートや、首のボタンをと留めずにカジュアルにも着ていただけますね。工夫次第でオールシーズン着ていただけます。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。   このアイテムは2万円以上なので送料無料でございます。










































※ 撮影に使ったトルソーのサイズ9号 
(バスト82cm・ウエスト60cm・ヒップ86cm・肩幅38cm・袖丈54cm・首まわり34cm・裄丈74cm)



* コーディネイトに使用した1960年代オーストリア製ピンクxパープル先染めストライプ木綿のチロルスカートはFG587、1960年代西ドイツ製紺色花柄ストライプ木綿のロングスカートFG586です。