お問い合わせ:fashion@lvyousouten.com
ショッピングカートを見る
商品検索

クレジットカード支払い

クロネコwebコレクト

ソリューション画像

ポイントサービス
会員登録後、ログインした上でお買い物をしていただくとご購入金額の1%がポイントとして付与されます。

ショップポイントについて

メールマガジン
いち早く新着アイテムのご案内やセール等のお得な情報発信のメールマガジン!

メルマガ登録・解除はこちら
クリックポスト(メール便)
宅配便以外にサイズの小さいものは郵便局のメール便サービス、全国一律185円のクリックポストがご利用いただけます。



クリックポストについて

    
営業日カレンダー


携帯サイトはこちら
コラム
ウクライナリネンの刺繍
アンティークウクライナリネンの魅力
アンティークウクライナの素敵な服飾雑貨
コスチュームジュエリー
Sarah Coventry
Coro
Trifari
Weiss
Danecraft
Liz Claiborne


用語集
マテリアルの用語集
クロージングの素材や手法の用語集
メンテナンス&ケアー
ヴィンテージファー取扱方法
リネンのお手入れ方法
Voice

VOICE
お客様からのフィードバック
Links
ロンドンヴィンテージ洋装店のバナーはこちらです。






おすすめウエブショップ
rss atom


メンテナンス&ケアー


毛皮のケアーについて

ご質問の多い、毛皮のケアーについてお話いたします。

<シーズン途中の手入れ法>

外出から帰ったらまず、ほこりを落とします。毛皮は人間の髪と同じで脂肪分がありますので、ほこりがつきやすく、手入れを怠ると抜毛の原因になります。外出から帰ったら、風通しのよいところでハンガーにつるして日陰干しにし、手でほこりを軽くたたき出します。毛並みは自然のままに帰宅後は、静かに何度も振るか、動物の毛ブラシを用意しておいて、軽くブラシングします。ナイロンや金属性ブラシを使うと、静電気がおき、毛がもつれることにもなりますので、注意してください。

●摩擦を避ける重たいバック等を肩に掛けるなどの動作は、毛を押しつけたり摩擦を避けられないので、毛がすり切れたり、弱くなってしまいます。気をつけて、摩擦の量を少なくしてください。

●極端な湿気や乾燥を避ける外出中に突然雨に降られてしまったら、水分を吸いとりやすい乾燥した布で、手早く水分をふきとり、数時間日陰干しにします。暖房器具や日光で早く乾燥させようとすると、急激な温度に弱い毛皮は、変色したリ、毛をいためることになります。ほとんどの毛皮は、下毛を保護する上毛(ガードヘアー)が水分をはじく役目になっているので、雨や雪に濡れてしまったからといっても、正しい処置さえしておけば心配ありません。

●ジュースやコーヒーをこぼしたら手早く、手持ちのハンカチかティッシュペーパーで吸いとります。そのあとで、少し水分をしめらせたタオルでたたくようにして汚れをとります。それでもなお、汚れが残ってしまった場合は、早めに毛皮専門店か信用できるクりーニング店にもっていった方がよいでしょう。

●しょう油やソースをこぼしたら手早く、水分を吸いとります。そのあとぬるま湯につけたタオルをかたくしぼり、たたくようにして汚れをとります。それでも汚れの落ちない場合は、専門店か、クリーニング店へもっていきましよう。自分で手入れするのは不安だという方も、まず水分だけはとりのぞいておくことが大切です。

●インキ、アルコールがついたらまず、乾いた布かティッシュペーパーで、手早く水分を完全に吸いとります。そのあと、ぬるま湯につけたタオルをかたくしぼって、汚れた部分を軽くたたくようにしてとります。インキやアルコールが皮にまでしみついてしまいますと、毛はもちろん、皮がゴワゴワしてしまいますので、手に負えない場合は、専門店にまかせることにしましょう。

●ペンキやガムがくっついたら専門店かクリーニング店へすぐもっていく方が安全です。 ●香水はかけないで毛皮に直接香水をかけますと、香水の性分が毛皮はもちろん、皮の艶をなくす他に弾力性までも失なってしまうので注意してください。



<シーズンオフの手入れと保管>

●しまう前の手入れ梅雨前の4月-5月の天気の良い日に、細いしなやかなムチで軽くたたくようにして、毛皮全体のほこりやごみをとり除きます。汚れを点検し、良質ベンジンで毛並みに沿ってふきとったあと、ぬるま湯にひたし、かたくしぼったタオルで全体をふきます。次に、ハンガーにつるして数時間日陰干しにし、ファーブラシで軽く毛並みを整えます。

●保管はファーケースに手入れのできた毛皮は、保管中に虫がつかないようにしなければなりません。毛皮をしまう箱は、最も理想的なのはファーケースという毛皮専門の箱がありますが、手近な箱でかまいません。ビニール袋は、通気性がないのでよくありません。箱にしまう場合は、虫がつかないように、防虫剤を入れますが、毛皮に直接触れないように紙にくるみます。二種類以上の防虫剤、乾燥剤を入れることは避けます。毛皮を他の洋服などと一緒にしまい込むことはやめ、一着ずつふんわりした状態で保管します。ストールなどは、紙を芯にしてくるくる巻いておくといいでしょう。しまう場所は、風通しがよく、湿気がなくて、直射日光の当たらない場所を選びます。9月中句頃、天気の良い日に、保管箱からとり出して日陰干しにします。

●毛皮のクリーニング毛皮をクリーニングする場合は、ドライクリーニングでは毛皮がバリバリになって、ふんわりとしたあの肌ざわつがなくなってしまいます。毛皮専門店か、毛皮クリーニングの設備があって、信用できるクリーニング店でなければなりません。ふだんの手入れと保管さえ万全にできていれば、毎年クりーニングに出す必要はありませんが、とくに白っぽいものは汚れが目立ちますので汚れた場合には、早めにクリーニングすることです。クリーニングの場合も同じことですが、とにかく大切な毛皮です。クリーニングと修理は早めにするのが、毛皮を長持ちさせることになるのです。クリーニング代は、素材、汚れの程度によって異なりますが、汚れの内容をはっきり伝えてから料金を確認しておくと安心です。