L0075 1950年代ウクライナ製パステル野花と小鳥刺繍リネンルシネーク
L0075

0円(税込)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT


生産国: ウクライナ
年代 :1950年
コンディション: ★★★★
SIZE : 幅39cm ・ 長さ216cm 
重量 : 278g
マテリアル :リネン


1950年代ウクライナ製パステルトーンの野花と小鳥刺繍*ルシネークリネン。
リネンにミシンのつなぎ目のない一枚布で、現存しているのがレアな両サイドの刺繍のリネン。 リネンルネシークはとても贅沢なオリジナルの長さで端々まで非常に手間隙のかかっている一品です。

色目は、上品で落ち着いたオフ白の薄手リネンです。やや薄手でしなやかなのでストールとしても素敵ですね。抑えた色味のオールドピンク、グレー、グリーン、ブルーで、1対の小鳥、野の花や幾何学柄などが刺繍されています。刺繍の入っている長さは両側に62cmずつです。淡いパステル調の優しい色味がノスタルジックです。

長さがありますのでスカーフとして襟元を飾ったり、お部屋やキッチンのインテリアにしたり、様々な使い方ができると思います。お部屋のアクセントにウォーハンギングや、カーテンにしても粋ですね。私はルシネークをリビングのコーヒーテーブルに何気なく掛けて使用しています。モダンファニチャーとヴィンテージのミックスコーディネイトが気に入っています。クッタリした手織りのヴィンテージリネンの肌触りが良いので、首に直接巻いて、日焼けを防いだりしても素敵ですね。

半世紀を経たヴィンテージ品につき、目立たないシミや着色、生地に擦れ、ヴィンテージリネン特有の均一ではない織り目があります。クロースアップのお写真でご確認ください。これも、ヴィンテージホームスパンの個性だと楽しんいただければと思います。今まで、あまりヴィンテージリネンに馴染みのなかった方々にもお薦めしたいお品です。半世紀前のヴィンテージアイテムを、あなたの日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

*ルシネーク・・・・『RUSHNIC』とは、東欧の刺繍タオルをさします。昔から特別な力があると信じられ、子供の誕生、結婚式で使われていました。または、ゲストにパンと塩をタオルの上に置き、差しだしたりしていたようです。それはおもてなしの意味ですね。刺繍に使われる色には赤が良く使われており、『赤』の刺繍は太陽や、健康、豊作を意味する縁起の良い色で、よくその地方の植物やお花のモチーフが刺繍されています。とくに庭の鳥やアヒルは結婚式の新郎新婦を象徴しているそうです。Kalynaの赤い木の実は、女性の美しさの象徴だそうです。そして、オークの葉は、男性のエネルギーの象徴です。