FG555 1910年代ウクライナ製黒とベージュの花刺繍ホームスパンリネン8分袖ワンピース
FG555

0円(税込)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT
生産国: ウクライナ
年代 :1900-1920年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり134cm・着丈119cm ・裾まわり140cm
マテリアル :ホームスパンリネン


1900-1920年代 ウクライナ製黒とベージュの花刺繍ホームスパンリネン8分袖ワンピース。
袖丈40cm、肩幅51cm、ボタンを留めた時の首廻り46cm、前開き27.5cm、アームホール58cm、パフスリーブの幅(片面)24cm、首元トリミング巾8mm、手首カフス巾8mm、袖口廻り24.5cm、裄丈67cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はホームスパンリネンで繊維の太いところや細いところ、ネップのある風合い、ざっくり織られております。お色は生成りです。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このロングシャツ(ドレス)はウクライナのPOLTAVA(ポルタヴァ)地方の村で作られたものです。ベージュと黒の花の模様が立体的な刺繍で両肩・袖上部に大胆に配され、手刺繍されております。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合い、そしてアンティークリネンならではのクッタリさが際立ったホームスパン(手織)リネンです。

肩に、黒い花とベージュのリーフが手刺繍され、肩51cmの位置にスモッキングのようなギャザーがあり、そこからゆったりとしたパフスリーブに黒い花とベージュのリーフのモチーフが袖に刺繍されたデザインがシックです。首まわりにたくさんのギャザーが寄せてあり、身体の動かしやすい工夫ですね。広めの襟ぐりにはマザーオブパール1つで留める仕様です。ボタンを留めずにお好みの開き位置でブローチなど留めるのも素敵ですよ。短めの8分丈のパフスリーブは、手首を細く見せてくれますね。2本ネガポジの黒刺繍で裾が飾られております。赤い薔薇柄の多いウクライナのフォークロアクロージングですが、ベージュと黒のバイカラーでまとめられた刺繍は珍しく、とても大人っぽいワンピースです。ウクライナの伝統的な刺繍の図案ですべて手刺繍です。

1910−20年代頃のアンティークホームスパン(手紡ぎ)リネンですので、素朴な手織りならではの繊維の太いところや細いところ、ネップ、色にむらが見られます。この不均等な織りのナチュラルなファブリックがホームスパンの味ですね。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。全体的には難点のない良いコンディションのワンピースです。このままトロンと着ていただいてもよし、アンダースカートやワイドパンツなどでコーディネイトされても素敵です。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。


































*撮影に使用したアンティークウクライナ袖なしワンピースはFG554、1910年代ウクライナ製ネイビーブルーコーデュロイジレはTG283です。