FG589 1950年代ウクライナ製黒と赤の葡萄刺繍メティスリネンワンピース
FG589

27,000円(税込29,160円)

購入数

生産国: ウクライナ
年代 :1950年代
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり150cm・着丈110cm ・裾まわり169cm
マテリアル :メティスリネン(リネンとコットンのミックス)


1950年代ウクライナ製黒と赤の葡萄刺繍メティスリネン長袖ワンピース。
ボタンを留めた時の首まわり34cm、首のトリミング7mm、アームホール64cm、肩幅51cm、袖丈47cm、前の開きは17.5cm、パフスリーブの幅(片面)35cm、袖口カフス廻り24.5cm、カフストリミング7mm・裄丈75cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地は織目の詰まった、ミディアムウエイトのメティスリネンでお色は明るめのオフシロです。ウクライナのヴィンテージ・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このドレスはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたものです。

肩幅51cmの位置に6.8cm幅で細かなスモッキングギャザーがほどこされたデザインです。長袖のパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出していて、黒と赤で葡萄やリーフの図案が刺繍されています。前立てには縁どられたような柄と赤い薔薇やつぼみ柄が太い幅で刺繍されていて、素敵なポイントになっております。ウクライナの伝統的な刺繍の図案ですべて手刺繍です。首周りに緻密なギャザーが施してあり、体が動きやすい工夫が見られます。首に1つ9mmマザーオブパールボタンが付いております。前開きが深くないので、ボタンを外して着られても素敵です。

半世紀以上経た1950年代頃のヴィンテージクロージングのお品となりますので、小さいシミ(後ろスカート腰あたり・前スカート裾あたり)、素材の薄れ部分がございます。丁寧に修繕されたダーニング(Darning:ダーニングは、ヨーロッパの伝統的な衣類修繕の手仕事です。)が、前身頃の脇あたり3箇所(いずれも直径5mm位)後ろ身頃の首下(直径5mm位)が確認できます。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。ウクライナの素朴なメティスリネンは天然繊維からできている為、独特の糸節やネップがございます。これもリネンの味ですね。このままひざ丈でトロンと着ていただいてもよし、スカート、レギンスやデニムとのコーディネイトや、太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても素敵ですね。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。  このままトロンと着ていただいてもよし、太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても、アンダースカートやワイドパンツ、タイツでコーディネイトされても素敵です。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。

このアイテムは2万円以上なので送料無料でございます。