FG595 1920年代ウクライナ製赤い花刺繍ホームスパンリネンワンピース
FG595

26,000円(税込28,080円)

購入数



生産国: ウクライナ
年代 :1900-1920年代
コンディション: ★★★☆
SIZE :胸まわり124cm・着丈108cm ・裾まわり145cm
マテリアル :ホームスパンリネン


1900-1920年代ウクライナ製赤い花刺繍ホームスパンリネンワンピース。
首まわり50.5cm、首のトリミング9mm、アームホール45cm、肩幅43cm、袖丈35cm、前の開きは29cm、パフスリーブの幅(片面)23cm、袖口廻り36cm、裄丈63cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はざっくり織られたホームスパンリネンで、お色は明るい生成りです。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このドレスはウクライナのPoltava地方で作られたものです。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合い、そしてアンティークリネンならではの、くったりとしたホームスパン(手織)リネンです。

肩幅43cmの位置にアイボリーカラーのかぎ棒編みで透かし模様がほどこしてあり、肩の太い帯状の赤とグレーで丸っこい花や葉が刺繍されております。七分丈の短めの袖丈で、大きな袖口から見える手首を細く見せてくれます。袖口の小話集や四角い赤い縁取り刺繍もかわいらしいです。ウクライナの伝統的な刺繍の図案ですべて手刺繍です。首周りに緻密なギャザーが施してあり、体が動きやすい工夫が見られます。アンティークリネンのクッタリさが際立ったリネンではないでしょうか。裾には赤と茶色の小花とかぎ棒編みの透かしレースが裾を彩っております。

1910−20年代頃のお品となりますので小さな薄いシミや素材の薄れ部分、生地に濃淡がございます。クロースアップのお写真にてご確認ください。アンティークホームスパン(手紡ぎ)ですので、素朴なリネンの織りならではのネップ(繊維の節)や、均一ではない色の糸が見られます。これも、手紡ぎの味ですね。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。スカートやデニムとのコーディネイトや、インナーを見せて着られても、寒い冬にはタートルニットを中に着られても素敵です。コーディネイト写真のようにブローチで開きを調節されて着られルこともおすすめです。工夫次第でオールシーズン着ていただけます。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。  


このアイテムは2万円以上なので送料無料でございます。


































※ コーディネイト写真に使った1950年代 USSR製手描きフラワー大きな丸ブローチはJ0265 です。