FG601 1950年代ウクライナ製青い野花刺繍メティスリネン長袖ワンピース
FG601

26,000円(税込28,080円)

購入数


生産国: ウクライナ
年代 :1950年代
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり140cm・着丈118cm ・裾まわり164cm
マテリアル :メティスリネン


1950年代 ウクライナ製青い野花刺繍メティスリネン長袖ワンピース。
前開き24cm、アームホール74cm、パフスリーブの幅(片面)29cm、襟ぐりトリミング巾8mm、ボタンを留めた時の首まわり52.5cm、袖口のカフス15mm、袖口廻り22cm、裄丈70cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

ワンピースの生地は薄手のメティスリネンでさらりとした風合いでオフ白です。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。こちらのワンピースはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたものです。 青い花の模様が立体的な刺繍で両肩・袖に配され、手刺繍されております。刺繍の青の、なんて爽やかなんでしょう。赤い花の多いウクライナの刺繍では青い花刺繍は非常に珍しく希少です。そしてヴィンテージファブリックならではの風合いが肌に優しいメティスリネンです。

首にたくさんギャザーが寄せられており、愛らしいフォルムのデザインです。首回りや後ろの肩にはグリーンの刺繍糸でジグザグの模様がほどこしてあり、良いアクセントになっています。前開きに小さなマザーオブパールボタンが1つ付いています。短めの長袖のパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出しおり、袖口からのぞく手首を細く見せてしてくれる効果ありです。裾の青、緑、ボルドーの小花刺繍もスタイリッシュな大人のかわいらしさを表現しています。

半世紀を経た1950年代頃のヴィンテージクロージングのお品となりますので小さな薄いシミ(前、後ろスカート裾あたり、右袖など)や素材の薄れ部分がございます。ウクライナの素朴なメティスリネンは天然繊維からできている為、独特の糸節やネップがございます。これもメティスリネンの味ですね。歴史のある古いお品の味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。このままトロンと着ていただいてもよし、太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても、インナーにキャミソールやヘンリーネックのTシャツなどを合わせても素敵です。カットソー、スカート、ワイドパンツ、デニムなど下に重ねられても素敵です。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。




このアイテムは2万円以上なので送料無料でございます。