B0999 1960年代アメリカ製JR USAオペラピンクツィードがま口大きめバッグ
B0999

0円(税込0円)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT
生産地:アメリカ
ブランド:JR U.S.A
年代 :1960'S
コンディション : ★★★★
SIZE :ヨコ 38cm ・タテ 24cm ・ 底マチ10cm
    バッグの内側のフレームは内寸23.7cm・バッグの深さは24cm
素材 : ツィード ・ルーサイト


1960年代のJR(Julius Resnick) U.S.Aオペラピンクツィードxルーサイトハンドル大きめがま口バッグ。
半透明の琥珀色のマーブル調ルーサイトのハンドルが個性的です。バッグ本体のファブリックはざっくり織られたつやのあるオペラピンクの華やかなお色の繊維で撚られた糸で織られており表情が豊かです。がま口についたメタル玉のパーツで、がま口フレームはパチンとしっかり閉まります。バッグの持ち手はルーサイトで、幅が12mm、内径が32cmで、バッグからの立ち上がりが10cmです。13.5cmの細いチェーンがフレームに挟みこまれており、透明の硬質ビニールのパース(ヨコ12cm・タテ7.3cm)がついております。 内側は、イエローベージュ色のタフタ生地で落とし裏の仕様になっています。内側に『JR U.S.A 』のロゴのゴールドの刻印があります。

年代を経て愛されてきたヴィンテージバッグですが、表のツィードに目立った難点もないきれいなヴィンテージバッグです。裏地のイエローベージュのタフタ生地に多少使用感、しみが確認できます。使用している間に薄く付いたしみの箇所が裏地のタフタ生地の底にございます。クロースアップのお写真にてご確認ください。新品にはない、歳月の醸し出す味わいですね。そのペティーナ(patina:使い込まれてできる表面の艶、変色、古色)なヴィンテージ感以外は、ツィード生地の糸にはすれ等もみられず、全体的には良いコンディションのバッグです。とても大きいバッグですので、日常に必要なものはすべて入るのではないでしょうか? 

JR USA:1936年にアメリカのニューヨークで設立。J.R. U.S.Aの設立者、Julius Resnick(ジュリアス・レズニック)のイニシャルのJRのロゴがトレードマークです。とくに1950から1960年代が円熟期で、意欲的にコレクションを発表し、エレガントで上質、斬新かつ洗練されたバッグを作り続けました。当時のファッション雑誌にも良く取り上げられていました。