FG626 1910年代ウクライナ製赤と黒の帯状植物刺繍ホームスパンリネンワンピース
FG626

27,000円(税込29,700円)


生産国: ウクライナ
年代 :1910年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり138cm・着丈106cm ・裾まわり146cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 :747g


1910年代ウクライナ製赤と黒の帯状植物刺繍ホームスパンリネンワンピース。
前開き40cm、アームホール56cm、パフスリーブの幅(片面)24cm、襟ぐりトリミング巾9mm、ボタンを留めた時の首まわり50cm、肩幅50cm、袖丈40cm、袖口のカフス幅15mm、袖口廻り22cm、裄丈68cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はフラックスの茎の繊維糸を手で紡いで織り上げた麻布で現在では大変希少価値の高いオーガニックホームスパンリネンで少し毛羽立ちのある風合い。しっかりと織られた目付の重いざっくりとした生地になります。お色はグレーがかった生成りです。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインにあらわれております。こちらのワンピースはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたもので、帯状の幾何学柄と、野花刺繍が、赤と黒の2色で刺繍されております。肩や袖の手刺繍は裏もすごくきれい!です。丸首にはオールドプラスチックのボタンが1つ付いております。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合いが際立った手織リネンです。

首にたくさんギャザーが寄せられており、愛らしいフォルムのデザインです。肩幅50cmの位置に2.8cmのスモッキングタックがほどこしてあり、そこからのパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出していて、袖口でかわいらしくギャザーが寄せられております。少し短めの八分袖丈で、そこからのぞく手首をすっきり見せてくれます。袖のカフスにも密に小花模様が刺繍されており、ワンピースの裾には細かな丸花刺繍とくるんとした連続模様が可憐に裾を彩っています。

1910年代頃のアンティーククロージングのお品となりますので、左袖に着色が確認出来ます。クロースアップのお写真でご確認下さい。それ以外は目立つ難点のないお品です。素朴な手織りリネンならではの繊維の太いところや細いところやネップなどがみられます。この不均等な織りのファブリックがヴィンテージリネンの味ですね。歴史のある古いお品の味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。このままの膝丈でトロンと着ていただいてもよし、下にガウチョパンツやワイドパンツ、デニムなどと合わせられても素敵です。スカートを下からのぞかせても素敵だと思います。太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても、インナーにキャミソールやヘンリーネックのTシャツなどを合わせても素敵です。ニットやカットソー、ワンピースなど重ねられても良いかと思います。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。














-