TG313 1910年代ウクライナ製黒い小花刺繍ホームスパンリネンブラウス
TG313

24,000円(税込26,400円)

購入数



生産国: ウクライナ
年代 :1910年〜1920年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり136cm・着丈57cm・裾まわり148cm
マテリアル :ホームスパンリネン


1910年〜1920年代 ウクライナ製黒い小花刺繍ホームスパンリネンブラウス。
アームホール58cm、スリーブの幅(片面)23.5cm、カフス幅10mm、袖口まわりは23cm、前開き24cm、襟ぐりトリミング11mm、ボタンを留めた時の首まわり41 cm、脇下から袖口39cm、裄丈67cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。になります。

生地はゆるく織られたミディアムウエイトのホームスパンリネンで、お色は明るい生成りです。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このブラウスはウクライナのウクライナのポルタヴァ地方で作られたものです。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合い、そしてアンティークリネンならではのくったりとしたホームスパン(手織)リネンです。

肩の袖部分に、太幅で小花や幾何学柄刺繍が黒の刺繍糸で手刺繍されたデザインで、肩幅44.5cmの位置にはぎがあり、その上下に波のような模様が連なったデザインで、袖にも小花がお行儀よく横一列に並んで刺繍されております。黒刺繍には困難を遠ざける、また強運になるの意味があるそうです。モノトーンの刺繍は非常にレアで、今では探しにくいもののひとつです。首のトリミングには水色の糸でステッチされています。首の開きに1つマザーオブパールボタンが付いております。ふんわりとしたパフスリーブは大人のかわいらしさが溢れています。九分丈の短めの袖丈で、手首をすっきり見せてくれる効果ありですね。

100年近く経た1910−20年代頃のお品となりますので薄いシミや素材の薄れ部分がございます。素朴なホームスパンならではの繊維の太いところや細いところ、ネップ、色にむらが見られます。この不均等な織りのナチュラルなファブリックがホームスパリネンの味ですね。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。全体的にはコンディションの良いお品です。スカート、レギンスやデニムとのコーディネイトや、太ベルトなどでウエストをブラウジングして着られても素敵ですね。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。