FG636 1910年代ウクライナ製赤い葡萄刺繍ホームスパンリネンワンピース
FG636

26,000円(税込28,600円)


生産国: ウクライナ
年代 :1910年代
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり136cm・着丈117cm ・裾まわり148cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 :584g


1910年代ウクライナ製赤い葡萄刺繍ホームスパンリネン長袖ワンピース。
肩幅47cm・袖丈42cm・前開き25cm、アームホール49cm、パフスリーブの幅(片面)23cm、襟ぐりトリミング巾7mm、ボタンを留めた時の首まわり57cm、袖口のカフス幅26mm、スモッキング幅6.5cm、ボタンを留めた時の袖口廻り21cm、裄丈70cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はホームスパンリネンで少し毛羽立ちのある風合い。お色は生成りです。ワンピースのスカート部分の横に2カ所はぎが入っております。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインにあらわれております。こちらのワンピースはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたものです。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合い、そしてヴィンテージリネンならではのクッタリさが際立った手織リネンです。

首開きの前立てには赤いお花が刺繍されており、このクロスステッチのおかげで、顔まわりを華やかにしてくれます。首のトリミングにはランニングステッチが赤い糸で刺繍され、ほどよく開いたラウンドネックを彩っております。肩幅47cmの位置にドロンワークで透かし模様とスモッキングがほどこしてあり、袖一面の赤い葡萄刺繍とあいまってゴージャスな雰囲気の袖デザインです。葡萄は赤一色ですが、ヴァインリーフや蔦にはランダムにグレーとブラックがミックスされて刺繍されており個性的な魅力です。首にたくさんギャザーが寄せられており、愛らしいフォルムのデザインです。袖デザインは短めの長袖パフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出していて、袖口カフスは1つのボタンで留める仕様です。裾には赤色と黒とグレーで小花刺繍とくるんとした連続模様が可憐に裾を彩っています。

100年近く経た1910−20年代頃のアンティーククロージングのお品となりますので、薄いシミや素材の薄れ部分、生地に濃淡がございます。薄いシミ(後ろスカート、左前身頃脇あたり)、薄いディスカラーレーション(変色)・素材の擦れがございます。丁寧に修繕されたダーニング(Darning:ダーニングは、ヨーロッパの伝統的な衣類修繕の手仕事です。)が前開きの右側胸下に2つございます。ダーニングもアンティーククロージングの愛おしい個性のひとつではないでしょうか?それらの点を考慮してコンディション3.5スターとしております。クロースアップのお写真にてご確認ください。アンティークホームスパン(手紡ぎ)ですので、素朴なリネンの織りならではのネップ(繊維の節)や、均一ではない色の糸が見られます。これも、手紡ぎの味ですね。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。このままのロング丈でトロンと着ていただいてもよし、下にガウチョパンツやワイドパンツ、デニムなどと合わせられても素敵です。スカートを下からのぞかせても素敵だと思います。太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても、インナーにキャミソールやヘンリーネックのTシャツなどを合わせても素敵です。ニットやカットソー、ワンピースなど重ねられても良いかと思います。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。