TG337 1910年代ウクライナ製白抜き花柄グレー刺繍ホームスパンリネンブラウス
TG337

26,800円(税込)


生産国: ウクライナ
年代 :1910年〜1920年代
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり138cm・着丈61cm・裾まわり150cm
重量 :432g
マテリアル :ホームスパンリネン


1910年〜1920年代 ウクライナ製グレー白抜き花柄刺繍ホームスパンリネン長袖ワンピース。
肩幅51cm・袖丈42cm・前開き21cm、アームホール60cm、パフスリーブの幅(片面)23cm、襟ぐりパイピング巾9mm、ボタンを留めた時の首まわり43.5cm、袖口のパイピング幅8mm、袖口廻り23cm、裄丈76cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はフラックスの茎の繊維糸を手で紡いで織り上げた麻布で現在では大変貴重なオーガニックのホームスパンリネンです。ネップもたくさんありやや緩く織られたざっくりとした生地になります。ホームスパンリネンで少し毛羽立ちのある風合い。お色は温かみのある生成りです。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このブラウスはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたもので、この地方の模様である幾何学柄や線、薔薇を思わせる花柄が地色で浮き出たグレーカラーのクロスステッチが手刺繍されております。

首の開きには9mm幅のパイピングで仕上げられており、1つマザーオブパールボタンで留める仕様です。袖はギャザーがたっぷりとほどこされたパイピングカフスの袖口デザインです。 すべての縫製がハンドステッチで仕上げられた希少なブラウスになります。赤とチャコールグレーの刺繍糸で手刺繍された小花やリーフがぐるりと裾を彩っております。

100年近く経た1910−20年代頃のアンティーククロージングのお品となりますので、生地の擦れなどがあり、小さい薄い目立たないシミ、薄いディスカラーレーション(変色)が左袖と右後ろ身頃下にございます。袖の刺繍に糸の擦れや抜けなどもみられます。クロースアップのお写真にてご確認ください。ウクライナの素朴なリネンの織りならではの均一ではない色の糸が見られます。ボタンをせずにインナーを見せて着るカジュアルな着方もおすすめです。お気に入りのスカート、デニムとのコーディネイトも素敵ですね。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。











































*撮影に使用した、 1910年代ウクライナ製ブラックコットンツィルタックフォークロアスカートFG462
1930年代ハンガリー製インディゴ染め小紋ドットプリーツ巻きスカートはFG634 です。