TG349 1910年代ウクライナ製赤いチェリー刺繍シャンブルリネンブラウス
TG349

27,900円(税込)

購入数


生産国: ウクライナ
年代 :1910年〜1920年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり130cm・着丈58cm・裾まわり140cm
マテリアル :ホームスパンシャンブルリネン
重量 :497g


1910年〜1920年代 ウクライナ製赤いチェリーと小花刺繍シャンブルリネンブラウス。
襟ぐりから袖口まで59cm、脇下から袖口まで43cm、肩幅42cm、アームホール54cm、スリーブの幅(片面)24cm、カフス幅9cm、前開き27cm、襟ぐりトリミング8mm、ボタンを留めた時の首まわり53cm、袖口まわりは23cm、裄丈73cmになります。

生地はフラックスの茎の繊維糸を手で紡いで織り上げた麻布で現在では大変希少価値の高いオーガニックのシャンブルリネンです。やや緩く織られたざっくりとした生地になります。ホームスパンシャンブルリネンで少し毛羽立ちのある風合い、お色は温かみのあるグレーがかった生成りです。このワンピースは、昔からリネンの産地でもある東欧ウクライナで製作された、素朴で温かみあふれる 長い年月を経たリネンです。細かなクロスステッチで手刺繍がほどこされた一品です。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このドレスはウクライナのPoltava地方の村で作られたもので、この地方の模様である具象化したチェリー(さくらんぼ)がクロスステッチが手刺繍されております。なんといっても裾の赤い実と幾何学ライン刺繍の可愛いことといったらありません。

肩の袖部分に、太幅で赤い小花と蔦や葉の刺繍が2段に赤と黒の刺繍糸で手刺繍されたデザインで、袖一面のチェリーモチーフの刺繍は圧巻です。ふんわりとしたパフスリーブは大人のかわいらしさが溢れています。八分丈の短めの袖丈で、手首を細く見せてくれる効果ありですね。

100年近く経た1910−20年代頃のお品となりますので薄いシミ(後ろスカート)や素材の薄れ部分(後ろスカートの向かって左脇)がございます。素朴なホームスパンならではの繊維の太いところや細いところ、ネップ、色にむらが見られます。この不均等な織りのナチュラルなファブリックがホームスパンの味ですね。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。全体的にはコンディションの良いお品です。このままロング丈でトロンと着ていただいてもよし、スカート、レギンスやデニムとのコーディネイトや、太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても素敵ですね。コーディネイト写真のようにブローチでお好みの位置に開きを調整されても素敵ですね。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。  


コーディネイトに使用した1950年代ウクライナ製丸い大きなブローチはJ0265、 1910年代ウクライナ製リネン手織り多色ピンク幾何学柄ベルトはZ0030です。