FG671 1910年代ウクライナ製ブルーとグレーの帯状花刺繍ホームスパンリネンワンピース
FG671

0円(税込)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT

生産国: ウクライナ
年代 :1910年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり142cm・着丈121cm ・裾まわり156cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 :772g


1910年代ウクライナ製ブルーグレーとチャコールグレーの帯状花刺繍ホームスパンリネンワンピース。
前開き29cm、アームホール60cm、パフスリーブの幅(片面)25cm、襟ぐりトリミング巾8mm、ボタンを留めた時の首まわり49cm、肩幅59cm、袖丈42cm、袖口のカフス幅6mm、袖口廻り23cm、裄丈68.5cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はフラックスの茎の繊維糸を手で紡いで織り上げた麻布のホームスパンリネンで少し毛羽立ちのある風合い目付のしっかりとした生地になります。お色は生成りです。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインにあらわれております。こちらのワンピースはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたもので、帯状の葉柄と、野花刺繍が、ブルーグレーとチャコールグレーの2色で刺繍されております。肩や袖の手刺繍は裏もすごくきれい!です。丸首にはマザーオフパールのボタンが1つ付いております。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合いが際立った手織リネンです。

首にたくさんギャザーが寄せられており、愛らしいフォルムのデザインです。肩幅49cmの位置に3cmのスモッキングタックがほどこしてあり、そこからのパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出していて、袖口でかわいらしくギャザーが寄せられております。袖は8分袖丈で、そこからのぞく手首をすっきり見せてくれる効果ありです。ワンピースの裾にはブルーグレーの丸花刺繍とくるんとした連続模様で可憐に裾を彩っています。ネガポジの白抜きの花模様。 ブルーグレーの百合の花連続模様と良い感じにマッチしています。赤い薔薇刺繍が多い、ウクライナのフォークロアクロージングでは、稀少なシックなカラーリングです。

1910年代頃のアンティーククロージングのお品となります。素朴な手織りリネンならではの繊維の太いところや細いところやネップなどがみられます。この不均等な織りのファブリックがヴィンテージリネンの味ですね。歴史のある古いお品の味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。特に目立つ難点のないコンディションの良いワンピースになります。このままのロング丈でトロンと着ていただいてもよし、下にワイドパンツ、デニムなどと合わせられても素敵です。スカートを下からのぞかせても素敵だと思います。太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても、インナーにキャミソールやヘンリーネックのTシャツなどを合わせても素敵です。ニットやカットソー、ワンピースなど重ねられても良いかと思います。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。