B1042 1950年代オーストリア製プチポワン刺繍フローラルハンドバッグ
B1042

18,800円(税込)

購入数



生産地:オーストリア
年代 :1930'S
コンディション : ★★★☆
SIZE :ヨコ 20.5cm・タテ15cm ・マチ 2cm
素材 :プチポワンファブリック・メタルチェーン
重量 :95g


1930年代オーストリア製プチポワン刺繍フローラルハンドバッグ。
ウィーンの伝統的な刺繍技術、*プチポワンの美しいヴィンテージバッグ。ブラックをベースに、ヴィヴィッドな色彩のフラワーブーケがベージュの蔦フレームの中に広がるようにデザインされています。側面とボトム部分にも花や蔦の刺繍がほどこされています。がま口の留め具はマットなブラックの塗装パーツでおさえるように緩く閉まります。カチッと閉まる感じではなく、押えてしまっているイメージです。メタルフレームにも、細かな線描で繊細な文様が施されております。片面には大きさの違う長方形のカットグラスがクリア、乳白マット、など3色が接着されておりますが輝きにムラがあったり、大きさにも不揃いさがあるハンドメイド感のある仕上がりです。フレームに付いた真鍮トーンの3mm幅のあずきチェーン30cm、バッグからの立ち上がりが14cmになっています。バッグの内側のフレームは内寸13cmで、バッグの深さは15cmです。内側は、淡いお色のフローラルプリント生地でフレームとの境目にフラワーブレードで装飾されています。差し込みポケット(ヨコ10cm・タテ8cm)がございます。

片面のフレームに長方形のカットグラスが接着されていますが、大きさやお色など均等ではない不完全さがあり、ハンドメイド感のある仕上げです。クロースアップのお写真でご確認下さい。パーティやお洒落なお出掛けにジュエリー感覚でお持ちください。カジュアルなスタイルにも合わせやすい、クラシカルな美しいヴィンテージバッグです。古いものの雰囲気を楽しんで頂ける方にお届けできればと思います。デートやお食事の際のお出かけバッグにも素敵です。


*プチポワン (Petit Point)・・・ プチポアンは刺繍の一種。18世紀のオーストリア、ウィーンで編み出された技法で、拡大鏡を使用して手刺繍で 1 平方インチあたり900目のテント・ステッチ(ハーフクロスステッチと似ており、布地の裏に多く糸を渡して刺す技法)を施した物をさす。










































※撮影に使用した1910年代ウクライナ製ブラック刺繍ホームスパンリネンワンピースはFG679です。