TG367 1910年代ウクライナ製赤い薔薇刺繍ホームスパンリネンブラウス
TG367

0円(税込)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT

生産国: ウクライナ
年代 :1910年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり122cm・着丈59cm・裾まわり153cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 :600g


1910年代ウクライナ製赤い薔薇刺繍ホームスパンリネン長袖ブラウス。
袖丈45cm、肩幅48cm、アームホール58cm、スリーブの幅(片面)28cm、カフス幅2.5cm、ボタンを留めた時の袖口まわりは21cm、前開き32cm、襟ぐりトリミング7mm、ボタンを留めた時の首まわり48.5cm、裄丈79cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ) になります。

生地はざっくり織られたホームスパンリネンで、お色は明るい生オフ白です。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このブラウスはウクライナのウクライナのポルタヴァ地方で作られたものです。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感とやわらかな風合い、そしてアンティークリネンならではのくったりとしたホームスパン(手織)リネンです。

肩に、太幅で薔薇や蔦柄が赤とくっきり黒の刺繍糸で手刺繍され、肩幅48cmの位置に切り替えがあり、そこからゆったりとしたパフスリーブに丸っこい花のブーケ柄モチーフが袖一面に刺繍されたデザインが圧巻です。首の開きにマザーオブパールボタンが1つ付いております。袖口の細めのカフスにも花柄がみっちりと刺繍されており贅沢なデザインです。カフスにはクリーム色のグラスボタンで1つで留める仕様です。ふんわりとしたパフスリーブは大人のかわいらしさが溢れています。袖には1カ所縫いはぎがございます。身頃の左側に不均等なはぎが入ったデザインです。裾にジグザグで透かし刺繍のホワイトオンホワイトステッチがレースのように裾を美しく彩っております。 刺繍だけではなく、縫製もすべてハンドステッチで丁寧に仕上げられたアンティーククロージングです。

1910−20年代頃のお品となりますので小さな薄い着色や素材の薄れ部分がございます。アンティークホームスパン(手紡ぎ)ですので、素朴なリネンの織りならではのネップ(繊維の節)や、均一ではない色の糸が見られます。これも、手紡ぎの味ですね。丁寧に修繕されたダーニング(Darning:ダーニングは、ヨーロッパの伝統的な衣類修繕の手仕事です。)が前身頃の透かし刺繍のそばに(15mmx10mm)がございます。クロースアップのお写真にてご確認ください。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。スカートやデニムとのコーディネイトや、スキニーなボトムスをあわせて着られても素敵ですね。首のボタンをと留めずに下からインナーを見せてカジュアルにも着ていただけます。工夫次第でオールシーズン着ていただけます。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。  


*撮影に使用した、1960年代小花模様木綿のチロルスカートはFG543です。