TG336 1910年代ウクライナ製アラベスク花柄黒刺繍ホームスパンリネンブラウス
TG336

28,800円(税込)


生産国: ウクライナ
年代 :1910年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり138cm・着丈59m ・裾まわり158cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 :408g


1910年代ウクライナ製黒いアラベスク花柄刺繍ホームスパンリネン長袖ブラウス。
肩幅42cm・袖丈41cm・前開き28cm、アームホール60cm、パフスリーブの幅(片面)26cm、襟ぐりパイピング巾9mm、首まわり49cm、袖口のカフス幅9mm、ボタンを留めた時の袖口廻り25cm、袖上部スモッキング幅6.5cm、裄丈72cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はホームスパンリネンで粗い織目で少し毛羽立ちのある風合い。お色は生成りです。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインにあらわれております。こちらのブラウスはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたものです。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感と少し毛羽立った風合い、そして少しハリのある手織リネンです。

前開きの首のトリミング両側にボタンホールがほどこしてあり、そこに紐やリボンなどを通してきる仕様です。こちらでチャコールグレーのダブルサテンリボンをお付けいたしますが、お好きな素材のリボンに変えてもいただいても良いですね。コーディネート写真のようにブローチで留めても素敵です。肩幅42cmの位置にスモッキングがほどこしてあり、その肩や袖のアラベスク調の黒い花模様刺繍とあいまって愛らしい雰囲気の袖デザインです。黒刺繍には困難を遠ざける、また強運になるの意味があるそうです。モノトーンの刺繍は非常にレアで、今では手に入れることが難しいもののひとつです。首にたくさんギャザーが寄せられており、愛らしいフォルムのデザインです。袖デザインは七分袖丈のパフスリーブは、ふんわりと大人のかわいらしさを演出しています。裾にはホワイトオンホワイトの白透かし刺繍でリーフ柄連続模様が可憐に裾を彩っています。

100年近く経た1910−20年代頃のアンティーククロージングのお品となりますので、薄いしみや生地の擦れ、アンティークホームスパン(手紡ぎ)ですので、素朴なリネンの織りならではのネップ(繊維の節)や、均一ではない色の糸が見られます。これも、手紡ぎの味ですね。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。インナーにキャミソールやヘンリーネックのTシャツなどを合わせても素敵です。スカートやデニム、ワイドパンツなどとのコーディネイトや、首のボタンを留めずにインナーを見せてカジュアルにも着ていただけますね。工夫次第でオールシーズン着ていただけます。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。



































*撮影に使用した、 1910年代ウクライナ製ブラックコットンツィルタックフォークロアスカートFG462
1930年代ハンガリー製インディゴ染め小紋ドットプリーツ巻きスカートはFG634 、1950年代 USSR 製手描きフラワーモカベージュ横長花型ブローチJ0268です。