TG348 1930年代ウクライナ製インディゴブルーストライプジレ・ベスト
TG348

28,500円(税込)

購入数

生産国: ウクライナ
年代 :1930年
コンディション: ★★★
SIZE :
胸まわり90cm・着丈58cm ・裾まわり302cm
肩幅33cm・アームホール50.5cm・ホックで留めた時の首まわり41.5cm
マテリアル :表地/先染めストライプコットン生地・ 裏地/シルクシャンブレー生地
重量 : 291g


1930年代ウクライナ製インディゴブルー先染めストライプジレ・ベスト。
このスタイルのジレをウクライナでは『korsetka』といい、訳するとコルセットになります。 本来は表地か生地がえんじ色のシャンブレーシルク生地、裏地がインディゴブルーの先染めストライプの生地のジレですが、あえて、裏返しにして雰囲気のあるインディゴストライプを表にして着ていただけるように、アイ&ホックを外し、小さいヴィンテージスナップボタンをお付けしております。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性が魅力です。このコルセットジレはウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたものです。

ウエストを絞る紐がついており、その位置は肩より33cm下です。 そのハイウエストのサイズは86cmです。右寄りの前開きで、スナップボタン6つで留める仕様です。 首まわりグレーベージュカラーのコットン生地で飾られています。袖ぐりにはブルーのドット系プリントファブリックがあしらわれております。ゴージャスなフォルムで生地の多く使われたデザインになっており、こちらのジレはハイウエストから後ろに大きく広がった後ろ裾のフォルムが立体的で素敵です。

1930年代頃のお品となりますので素材に傷み、うすいしみなどがございます。カギホック等による経年劣化のさびや、生地端のほつれ、ダーニング箇所が多数ございます。クロースアップのお写真にてご確認くださいませ。これも長い間愛されてきた味ですね。ダメージを気にされない方、あえて裏を表にした個性を楽しみながら、お直ししながらご愛用頂ける方にお勧めします。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。重ね着や、デニムやスカートを合わせたりと、コーディネートが楽しくなりそうですね。下にアンダースカートなどでボリュームのあるボトムスをフォークロアな雰囲気で着ていただけても素敵です。羽織物のように前を開けて着られても素敵です。芸術性の高い東欧のフォークロア衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。





























*コーディネイトに使用した1900年代ドイツ製アンティークホームスパンリネンスカートはFG662
1900年代トランシルヴァニア製カットワーク刺繍コットン半袖ブラウス はTG347
1960年代オーストリア製インディゴブルーピンドット裾フリルスカート はFG665です。