L0079 1910年代ウクライナ製赤い薔薇と花瓶刺繍ホームスパンリネンルシネーク
L0079

15,648円(税込16,900円)

購入数



生産国: ウクライナ
年代 :1910年
コンディション: ★★★
SIZE : 幅 50cm・長さ 260cm 
重量 : 472g
マテリアル :ホームスパンリネン


1910年代ウクライナ製赤い薔薇と花瓶刺繍ホームスパンリネン*ルシネーク
生地はフラックスの茎の繊維糸を手で紡いで織り上げた麻布で現在では大変貴重なオーガニックのホームスパンリネンです。丈夫でざっくりとした生地になります。ホームスパンリネンで少し毛羽立ちのある風合い。ホームスパンリネンのお色はグレーイッシュ生成りカラーです。抑えた色味の赤とグレーで、大輪の薔薇や木の実、花瓶柄が刺繍されています。刺繍の入っている長さは両側に67センチずつです。両端から76センチの位置にゴージャスな刺繍が施されているリネンになります。つなぎ目のない一枚のオリジナルルシネークリネンは稀少です。赤やグレーのトラディッショナルな大きな薔薇や花瓶柄の中に、グリーンとブルーのタッチがポイントです。年月を経て良い意味で褪せたお色が、何ともアンティーク感のある刺繍になっております。両側のヘムの仕上げはリネンと同色の太い番手のリネン糸でハンドステッチされております。

長さがありますのでストールとして羽織ったり、お部屋やキッチンのインテリアにしたり、様々な使い方ができると思います。お部屋のアクセントにウォーハンギングや、カーテンにしても粋ですね。私はルシネークをリビングのコーヒーテーブルに何気なく掛けて使用しています。モダンファニチャーとアンティークのミックスコーディネイトが気に入っています。クッタリした手織りのヴィンテージリネンの肌触りが良いので、首に直接巻いて、日焼けを防いだりしても素敵ですね。

1910−20年代頃のお品となりますので、着色やシミ、素材の擦れ・いたみ部分がございます。生地のヘムにほつれ、欠損がございます。丁寧に修繕されたダーニング(Darning:ダーニングは、ヨーロッパの伝統的な衣類修繕の手仕事です。)が、数か所確認できます。クロースアップのお写真でご確認ください。素朴なホームスパンならではの繊維の太いところや細いところ、ネップ、色にむらがみられます。この不均等な織りのナチュラルなファブリックがホームスパンの味ですね。歴史のある古いお品の味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。ダーニングなどを気にされない、古いものに愛着を持っていただける方にお薦めしたいお品です。アンティークリネンを、あなたの日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?


**ルシネーク・・・・『RUSHNIC』とは、東欧の刺繍タオルをさします。昔から特別な力があると信じられ、子供の誕生、結婚式で使われていました。または、ゲストにパンと塩をタオルの上に置き、差しだしたりしていたようです。それはおもてなしの意味ですね。刺繍に使われる色には赤が良く使われており、『赤』の刺繍は太陽や、健康、豊作を意味する縁起の良い色で、よくその地方の植物やお花のモチーフが刺繍されています。とくに庭の鳥やアヒルは結婚式の新郎新婦を象徴しているそうです。Kalynaの赤い木の実は、女性の美しさの象徴だそうです。そして、オークの葉は、男性のエネルギーの象徴です。