用語集
ヴィンテージ&アンティークの素材や手法の用語随時ご紹介していきます。



フィレ・レース・・・・『Filet lace 』

魚網と同じ技法で作成した網目に、刺繍で模様を施したレースのこと。

 



ブローディエ・アングレーズ・・・・『BRODERIE ANGLAISE』

フランス語でイギリスのレースという意味。19世紀イギリスで始まったとされる
アイレットやカットワークを刺繍で装飾された、地布を切り抜いてする刺繍レース。





クロッシェ・レース・・・・『Crocheted lace』

かぎ針を使って編んで作るレースの総称です。「クロッシェ」とは
フランス語で「かぎ針」「かぎ針編み」の意味。
クロッシェレースでは、かぎ針編みの技術を応用し様々な形に
編み上げていく。
毛糸編みとレース編みの違いは使用する針・糸の太さにある。
16世紀にはヨーロッパの各地に広まり、今でも家庭の手芸として
親しまれている。
その中でも19世紀にアイルランドで発展したアイリッシュクロッシェレースは
特に有名でレリーフ状に複雑なモチーフが編み込まれている。





ドロンワーク・・・・『drawn work』

布地にステッチをかけたり、縦糸や横糸を部分的に抜き取った残りの糸をかがったり、
渡した糸にステッチかけるなど、布地に模様を描く技法の総称です。