FG642 1910年代ウクライナ製赤アザミの花模様刺繍ホームスパンリネン長袖ワンピース
FG642

27,000円(税込29,700円)



生産国: ウクライナ
年代 :1900-1920年代
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり108cm・着丈104cm ・裾まわり148cm
マテリアル :ホームスパンリネン


1900-1920年代 ウクライナ製赤アザミの花刺繍ホームスパンリネン長袖ワンピース。
肩幅42cm、袖丈47cm、ボタンを留めた時の首廻り46cm、前開き28.5cm、アームホール46cm、
パフスリーブの幅(片面)31cm、襟開きのトリミング巾7mm、手首トリミング巾7mm、袖口廻り23cm、裄丈72cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地はざっくり織られたホームスパンリネンで、スラブ調に濃淡のある繊維が織りなす色合い、お色はグレーがかった生成りです。このドレスは、昔からリネンの産地でもある東欧ウクライナで製作された、素朴で温かみあふれる 長い年月を経たリネンです。細かなクロスステッチで手刺繍がほどこされた一品です。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このロングシャツ(ドレス)はウクライナのポルタヴァ地方の村で作られたものです。

肩に、太幅で丸い赤い実が連なった模様が手刺繍されています。肩幅42cmの位置に切り替えがあり、10cmほどスモッキングがほどこされ、そこからゆったりとしたパフスリーブに赤と黒であざみの花束モチーフが袖に刺繍されたデザインが圧巻です。裾には赤とクロの連続柄がクロスステッチ刺繍で可憐に裾を彩っています。 左の脇のはぎが個性的でいくつかのパーツにつぎのあるデザインです。

1910−20年代頃のアンティークホームスパン(手紡ぎ)リネンですので、素朴な手織りならではの繊維の太いところや細いところ、ネップ、色にむら、シミ(右袖の後ろに青い着色)(肩の赤い実の刺繍近くににじみ)などがみられます。クロースアップのお写真でご確認ください。この不均等な織りのナチュラルなファブリックがホームスパンの味ですね。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。このままトロンと着ていただいてもよし、アンダースカートやワイドパンツなどでコーディネイトされても素敵です。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っても、うっとりしてしまいます。
















































※ 撮影に使ったトルソーのサイズ9号 
(バスト82cm・ウエスト60cm・ヒップ86cm・肩幅38cm・袖丈54cm・首まわり34cm・裄丈74cm)