TG357 1920年代ウクライナ製黒古代幾何学柄刺繍メティスリネンブラウス
TG357

28,800円(税込)

購入数




生産国: ウクライナ
年代 :1920年代
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり160cm・着丈69cm・裾まわり178cm
素材:メティスリネン(綿麻)
重量:530g


1920年代ウクライナ製黒古代幾何学柄刺繍メティスリネンブラウス。
アームホール50cm、スリーブの幅(片面)25cm、カフスフリル幅2cm、カフスまわり19cm、前開き16cm、首トリミング1cm、ボタンを留めた時の首まわり35.5cm、裄丈76cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。

生地は織り目の詰まった厚みのあるキャンバス地のようなメティスリネンです。全体的にはカーキがかったオフ白です。ブラウスは、昔からリネンの産地でもある東欧ウクライナで製作された、素朴で温かみあふれる 長い年月を経たリネンです。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このブラウスはウクライナのヴィーンヌィツャ地方の村で作られたもので、この地方の模様である古代幾何学柄のクロスステッチで手刺繍されております。 首のボタンを閉めると首回りが35.5センチと少し小さいです。ボタンを開けても前開きが大きくないので、ボタンを留めずに着ていただけますね。

肩の袖に、太幅で古代幾何学模様が黒が主体でボルドー、パープル、グリーンの刺繍糸がアクセントでステッチされています。カフスにジグザグや菱形の赤い刺繍とスモッキングで袖口のフリルを演出している個性的なデザインです。袖の下部には5本のタックがデザインされています。首周りには細かな幾何学柄が赤と黒のバイカラー刺繍でスモッキングの手法で可憐なポイントになっています。

年代を経たアンティ-ククロージングですので、素材の薄れ部分、薄いシミ(右袖の内側、前身頃のギャザーで隠れる部分や胸下あたり.袖タックあたり)が確認できます。クロースアップのお写真にてご確認ください。ウクライナの素朴なメティスリネンの織りならではの均一ではない太さの糸、糸の節、ネップ、毛羽立ちがみられます。これもアンティークメティスリネンの味ですね。スカート、デニムとのコーディネイトや、太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても素敵ですね。ステイリング写真のようにスカートにブラウスをインしても素敵に着こなせると思います。首のボタンを外して、インナーを見せて着られてもGOOD。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。









































*コーディネイトに使用した1940年代ウクライナ製カラフルリボンブラックコットンスカートはFG674
1960年代オーストリア製グリーンとブラウン縦縞木綿のチロルスカートは FG612 です。