FG677 1930年代ウクライナ製幾何学花柄黒刺繍ホームスパンリネンワンピース
FG677

29,800円(税込)

購入数




生産国: ウクライナ
年代 :1920-1930年代
コンディション: ★★★★
SIZE : 胸まわり110cm・着丈112cm・裾まわり136cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 : 832g


1920-1930年代ウクライナ製ぷっくり幾何学花柄黒刺繍ホームスパンリネンワンピース。
アームホール50cm、肩幅53cm、袖丈46cm、スリーブの幅(片面)21cm、カフス幅2.5cm・前開き18cm・紐で結んだ時の首まわり31cm・ボタンを留めた時の袖口まわりは18cm・裾から61cm上に切り替え・裄丈73cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ)です。 前開きスリットが浅いので、紐を結ばずに着ていただけます。

生地はやや厚手で密に織られたオーガニックなホームスパンリネンです。裾から61cmの位置に切り替えがございます。トップとスカート切り替え部分も同じ色・素材です。お色は明るめのオフ白です。このワンピースは、昔からリネンの産地でもある東欧ウクライナで製作された、素朴で温かみあふれる 長い年月を経たリネンです。ウクライナのフォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このドレスはウクライナのチャーカースィー地方の村で作られたもので、この地方の模様であるお花やリーフ、木の実のクロスステッチが黒刺繍と赤の差し色で手刺繍されております。黒刺繍には困難を遠ざける、また強運になるの意味があるそうです。モノトーンの刺繍は非常にレアで、今では手に入れることが難しいもののひとつです。

肩の袖全面に、太幅でお花とクロスや幾何学の連続柄が黒い厚みを感じる太い刺繍糸と刺繍の刺し方でぷっくりと立体的(1mm強ほどの厚み)に浮き出たようなステッチが特徴的です。黒い刺繍糸に埋もれるように青色刺繍糸のステッチもポイントで見え隠れします。カフスには、三つ葉、丸いドットなどが赤黒の2色の模様刺繍も圧巻です。フロントの両側の胸に太い幅で連なるリーフと花柄が刺繍されており、素敵なポイントになっております。前身頃と後ろ身頃の合計8本の小花やクロスの連なった幾何学的な黒刺繍のラインが素敵です。身頃の縦に連なった刺繍がたくさん入っており、刺繍好きの方にはたまらないデザインではないでしょうか?首のデザインはギャザーのように見えますが、スモッキングのような細かなタックがギュッとしぼられた手法であまりの精密さに感心してしまいます。前開きのトップに紐が2組デザインされていて、結ぶ仕様のようですが、結ぶとかなり小さい首回り(31cm)になります。手首のカフスにはオールドプラスチックボタンが付いております。ウクライナの伝統的な刺繍の図案ですべて手刺繍です。ワンピースはハンドステッチとマシーンステッチの両方で縫製されたお品です。

ウクライナの素朴な手織りリネンの織物ならではの均一ではない太さの糸、ネップ、節の織りが見られます。これもアンティークリネンの味ですね。100年近くを経たアンティーククロージングですので、薄いしみ(左前スカート)などがみられます。左肩の刺繍ににじみが目視できますが、写真には写らないほどです。クロースアップのお写真でご確認下さい。全体的には目立つ難点のないコンディションの良いお品です。このまま丈でトロンと着ていただいてもよし、スカート、レギンスやデニムとのコーディネイトやして着られても素敵ですね。前の開きが浅いので紐を結ばなくても素敵に着ていただけると思います。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。

※ 撮影に使ったトルソーのサイズ9号 
(バスト82cm・ウエスト60cm・ヒップ86cm・肩幅38cm・袖丈54cm・首まわり34cm・裄丈74cm








































※撮影に使われている商品以外のアイテムはコーディネイト用途でこの商品に含まれません。