FG711 1930年代ウクライナ製黒い花刺繍スタンドカラーホームスパンリネンロングシャツ
FG711

0円(税込)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT
生産国: ウクライナ
年代 :1920-1930年
コンディション: ★★★☆
SIZE : 胸まわり142cm ・着丈77cm ・すそまわり148cm
マテリアル :ホームスパンリネン
重量 :474g


1920/30年代ウクライナ製赤い薔薇刺繍スタンドカラーホームスパンリネンロングシャツ
アームホール50cm、肩幅50cm、袖丈51cm、スタンドカラー4.8cm、ボタンを留めた時の首まわり37cm、スリーブの幅(片面)23cm、袖口カフス幅4.5cm、カフスをボタンで留めた袖口まわり19cm、裄丈77cm(後ろ首の中央から、肩を通って袖口までの長さ) になります。

生地はホームスパンリネンでざっくりとした風合い。お色はグレーがかったオフシロです。細かく密なクロスステッチで手刺繍がほどこされた一品です。ウクライナのアンティーク・フォークロアのお洋服は、その地方の独自性や個性がデザインに表れております。このロングシャツはウクライナの西部ヴォリン地方のカミン-カシュルスキー村で作られたものです。 このたび初めて買い付けが出来た5着中の1着です。密で繊細な刺繍は非常に美しく仕上がっております。ホームスパン特有の繊維の中に空気を感じるふんわり感とこなれた風合い、そしてアンティークリネンならではのクッタリさが際立った手織リネンです。

スタンドカラーで、左寄りの前開きです。スタンドカラーに3つブルーのグラスボタンが付いており、留めて着るタイプです。ストンとしたシルエットのチュニック丈のロングシャツです。ロングシャツはヒップが隠れる丈です。袖のカフスにも黒い花やカラフルな差し色で刺繍がみっちりほどこされており、そこに2つ緑色の糸で作られたボタンがついていて留める仕様です。胸のパネルにクロスステッチの黒い大きな花やカラフルなリーフや野花柄が、ウクライナの伝統的な刺繍の図案ですべて手刺繍です。

1920/30年代頃のお品となりますので、シミや素材の薄れ部分がございます。丁寧に修繕されたダーニング(Darning:ダーニングは、ヨーロッパの伝統的な衣類修繕の手仕事です。)が前立ての左ウエストあたりに(10mmx10mm)に一箇所ございます。クロースアップのお写真にてご確認ください。クロースアップのお写真を参照してください。)素朴なホームスパンならではの繊維の太いところや細いところが糸の不均等な染め色がみられます。この不均等な織りのファブリックがホームスパンの味ですね。歴史のある古いものの味わいとしてお楽しみ頂けたら・・・と思います。チュニックシャツとしてストンと、着ていただいて良し、太ベルトなどでウエストをブラウジングし、丈を調節して着られても素敵ですね。ボトムにデニムやスカートでアクセントをつけられても素敵ですね。芸術性の高い東欧の民族衣装の歴史に思いをはせながら、お部屋に飾っておかれても、うっとりしてしまいます。